財産分与の際の資産はいつの時点の価値で計算すればよいですか?

財産分与の対象となる財産をいつの時点の価格で考慮するかについては、裁判であれば口頭弁論終結時の価値により算定します。

夫婦で作った財産を実質的に清算するという財産分与の考え方からすると、口頭弁論終結時の価値で考慮するのが妥当であると考えられます。

いつの時点の財産を財産分与の対象の財産とするかという対象財産の確定の場合には別居時を基準とする点とは異なりますので注意が必要です。

財産分与につき、ご質問のある方は弁護士にご相談ください。

離婚のご相談・お問い合わせはこちら

離婚に関するよくある質問一覧に戻る

このページの先頭へ

inserted by FC2 system