夫婦で作った財産は、どのような割合で分けるものなのですか?

基本的には1:1の割合で分けることになります。

財産分与の割合は財産を作り上げた夫婦それぞれの貢献度合いによって決まります。

但し、専業主婦等の場合にも、現在は基本的には1:1で考えます。夫婦の貢献度合いは単に家の外で仕事をしているかどうかで決まるものではないのです。

芸術家等の本人の特別の才能により資産の増加がなされている場合、一方の営業上の才覚や能力により通常より多大な資産が形成されている場合などには、夫婦の財産の分与の割合が半分ずつとならない場合があります。

裁判では、分ける割合が1:1でないと主張する方がその具体的事情を主張・立証していくことになります。

相手方と話し合っている段階では当事者の合意で自由に決めても構いませんが、裁判になった場合の見通しを考えた上で、相手方と話し合いをする必要があります。

財産分与の割合や方法で相手方と話し合いがつかない場合には、弁護士にご相談ください。

離婚のご相談・お問い合わせはこちら

離婚に関するよくある質問一覧に戻る

このページの先頭へ

inserted by FC2 system